変形性膝関節症について理解を深めましょう

スポンサーリンク
高齢化社会の到来とともに関節の病気、なかでも膝の痛みに苦しむ患者さんが増えてきています。そこで今回は、変形性膝関節症についてお話ししたいと思います。

変形性膝関節症とは、加齢によって膝の軟骨の性質が変わって、すり減ってくるために起こる病気ですが、男女比1:3と女性に多くみられ50歳代から少しずつ痛みを伴ってくることが多いようです。その原因は、体重の増加、筋力の低下や昔の怪我などが挙げられますが、実は原因のはっきりとしないいわゆる‘加齢’によるものが多くを占めています。

初めの症状は、椅子から立ち上がる時や階段を降りる時など、動き始めの痛みが特徴です。進行すると徐々に膝が曲がりにくくなり、歩行障害や正座が困難などの症状が出てきます。水がたまることもあります。
このような症状がある方は、ぜひ一度、整形外科の受診をお勧めします。クリニックや病院でレントゲン撮影などを行うと、変形性膝関節症の状態だけでなく膝のほかの病気の有無も確認できます。

変形性膝関節症は加齢によって起こるものがほとんどであり、自然に治るということはあまり期待できません。

治療はまず、筋力を強くする訓練を行います。ヒアルロン酸関節内注入や消炎鎮痛剤などの薬を用いたり、足底板などの装具療法や理学療法を行ったりします。

このような治療でも軽快せず、日常生活に支障がある場合は関節鏡手術や人工関節置換術などを行います。日本では年間約6万件の人工膝関節置換術が行われており、年々増えています。当センター整形外科では、痛みで悩まれている変形性膝関節症の方々の生活を少しでも改善できるよう数多くの人工関節手術を行っております。手術治療をお考えの場合は、一度病院にご相談することを思います。

スポンサーリンク