キリンも値上げ 業務用を中心に

スポンサーリンク

キリンもビールなどの値上げを発表しました。
詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

値上げ実施日

2018年4月1日から

値上げの詳細

主に業務用の商品が10%程度値上げするとのことです。

値上げの対象はこちらです。

  • ビール・発泡酒・新ジャンルのびん・樽詰め商品
  • リキュールの樽詰め商品

(大びん、中びん、小びん、7L大樽、15L大樽、20L大樽、30L大樽)

これだけではよくわからないのですが、簡単に言うと飲食店で出されるキリン製品の99%になるそうです。。
外食業界には痛手すぎますね。

ただ、他のメーカーと同様に缶製品の値段は据え置かれます。

値上げの理由・原因

こちらも他のメーカーと同様に、容器を回収するドライバーのコスト増が主要因とのことです。

それに加え、今年施行された改正酒税法の影響もあるようです。
この法律の改正によって、メーカーが販売店にインセンティブを出すことが禁止されました。

そのせいで販売店がビールをあまり売らなくなり、出荷量が減少したことでメーカーの採算が取れなくなっているようです。

値上げについての街の声

消費者からはこんな声が上がっています。

  • キリン10%業務用🍺値上げ!?? ふざけるな~!!俺の生き甲斐の1つが!!!
  • ビールが値上げ‼️ノンベーには頭がいたい❗
  • もしかして野球場のビールも値上げされてしまう?
  • キリンが業務用ビール値上げするだと…キリンシティとかも高くなるのかな…
  • 周りでは「とりあえずビール」も無くなってきました。
  • こうなると飲食店は業者を変える事も出来ないからな。格安で人件費を抑えてる居酒屋しか生き残らなくなるな。

値上げに向けて

飲食店が値上げ分をそのまま転嫁したと考えると、単純に外で飲む値段が10%上がることになります。
とりあえずビールの文化も無くなっていくのでしょうか。。

現場からは以上です!

スポンサーリンク