水分について

スポンサーリンク
今年も暑くなってきました。
毎年この時期になると『熱中症』なんて言葉をよく耳にします。今回は『水分』についてのおはなしです。
健康的な水の飲み方として推奨されているのが、「3・3・3摂取法」1日3回、1回300mlの水を 3分間かけて飲む方法です。

最近の人は水を飲む量が少ないと言われていますので意識的に水分をとるようにしましょう。
もちろん、スポーツの前後やお風呂の前後など、これ以外のときにも水を飲んでもかまいません。ただし、喉が渇いてガブ飲みしてしまうは避けた方がいいです。

夏の暑い時期に汗をかくと、どうしても水を飲む量が増えてしまいます。しかし、急激にかく汗の中には、水分だけでなく体に必要なミネラル分も含まれています。つまり、汗をかいた後の体は、水分だけでなくミネラル分も不足しています。ここに、水分だけ大量に供給すると、体液中のミネラル濃度が薄くなってしまうのです。

つまり、水分補給は少しずつゆっくりと行うように心がけましょう。

文責:栄養管理科 古畑英吾

スポンサーリンク