食物繊維のはたらき

スポンサーリンク
食物繊維はからだの構成成分やエネルギー源にならないため、以前は役に立たない食べ物の”かす”とされていました。

現在では、栄養素の吸収をゆるやかにしたり、有害な物質を排出するなどの作用が認められ、機能性成分として重要視されています。食物繊維は水に溶けない「不溶性」と、水に溶ける「水溶性」に分けられます。

「不溶性食物繊維」は、水分を吸収してふくれ、腸の運動を盛んにします。良く噛む必要があるため、虫歯や肥満の予防、また、便秘、大腸がんなど消化器系統の病気の予防、改善に効果を発揮します。

「水溶性食物繊維」は、食品の水分を抱き込んでヌルヌルした粘性が凝固したもの(ゲル)を形成し、からだに好ましくない物質の吸収を妨げ、便として排泄させます。肥満や生活習慣病を防ぐ効果が大きく、また、ブドウ糖の吸収速度をゆるやかにするので、食後の血糖値の急激な上昇なども防ぎます。

精製された食品には少ないのが特徴で、穀類、いも、豆、果実、海藻、きのこ類などに多く含まれています。

スポンサーリンク